日本チョコレート・ココア協会
English サイトマップ
チョコレート・ココアの健康パワー基礎講座チョコレート・ココア大辞典規約・統計チョコレート国際栄養シンポジウム協会について
Top > チョコレート・ココア大辞典 > チョコレート・ココアの歴史 > 工業生産の始まり > チョコレート工業の先駆
日本の歴史
日本のチョコレート事始め工業生産の始まりチョコレート生産のうつりかわり
一、チョコレート工業の先駆
二、カカオ豆からの一貫生産

チョコレートの普及にともない、家内工業から工場生産へ

明治32(1899)年 森永商店(現森永製菓)、チョコレートの製造はじめる

この年、森永商店は、輸入原料チョコレートからクリームチョコレートの生産をはじめました。日本のチョコレートの工業化のはじまりです。

明治37(1904)年10月にはクリームチョコレートの広告を報知新聞紙上に出しています。

同42(1909)年には板チョコレートの生産・販売をはじめました。我が国最初の板チョコです。

大正2(1913)年 不二家洋菓子舗(現不二家)がチョコレートの製造・販売をはじめる

大正3(1914)年 芥川松風堂(現芥川製菓)がチョコレートの製造・販売をはじめる

大正7(1918)年 東京菓子(のち明治製菓・現明治)、チョコレートの製造をはじめる



チョコレート・ココアのできるまで

チョコレート・ココアの歴史
世界の歴史
日本の歴史
バレンタインデーとチョコレート

カカオ豆のはなし

チョコレート・ココア用語辞典
このページのトップへ
サイトポリシープライバシーポリシー
Copyright (c) chocolate & cocoa association of japan All right reserved.