日本チョコレート・ココア協会
English サイトマップ
チョコレート・ココアの健康パワー基礎講座チョコレート・ココア大辞典規約・統計チョコレート国際栄養シンポジウム協会について
Top > チョコレート・ココア大辞典 > チョコレート・ココアの歴史 > チョコレートの始まり > アステカにおけるカカオの用途
世界の歴史
  • チョコレートの始まり
  • ヨーロッパへ伝わったカカオ
  • カカオ豆栽培のひろがり
  • カカオ産業の近代化
1.メソアメリカ文明
2.アステカにおけるカカオの用途
神様の食べ物"ショコラテ"

アステカ人社会において、カカオは神秘的な力を持つものとして大切にされましたが、カカオを利用できたのは王族・貴族・上流階級などに限られました。
カカオが貴重だったのは生産地が限られ、容易く手に入れることができないだけでなく、カカオ豆自体が堅く、簡単に腐ったり潰れたりしないことから、交易のために長距離を移動させることができました。輸送途中に泥棒に襲われないために戦士が護衛につきました。

カカオの用途

儀式の捧げものとして

農作物の種まきや収穫(豊穣)の祈りへの供物となり、また、人の誕生、成人、結婚や死に至る通過儀礼で神々へ捧げられました。

薬として

疲労回復・滋養強壮や精神高揚などの薬効が知られ、カカオに薬草を混ぜて様々な病気の治療に用いられました。

貢納・交易品として

カカオは産地から首都テノチティトランへの貢物として送られてきました。スペイン人は征服後もこのシステムを利用しました。

貨幣として

テノチティトランがスペイン人によって陥落間もないころの1545年に書かれたナワトル語(アステカ族の言語)の記録にカカオの貨幣価値が書かれています。

※よく太った雌の七面鳥一羽:

※雄の七面鳥:
※野うさぎまたは森うさぎ:
※小さなうさぎ:
※七面鳥のたまご1つ:
※摘みたてのアボガド1つ:
※大きなトマト1つ:
粒の揃ったカカオ豆100粒、
またはしなびたカカオ豆120粒
カカオ豆200粒
カカオ豆100粒
カカオ豆30粒
カカオ豆3粒
カカオ豆3粒
カカオ豆1粒
ちいさなウサギ→カカオ豆30

飲み物として

アステカ族にとってもカカオは飲みものとして大切なものでした。貨幣として使われるほど価値があったため、摂取できたのは王族、貴族、上流階級、貿易商人などの特権階級でした。戦士はカカオが戦闘意欲を高揚させるという理由で飲むことができました。カカオは普段に飲むものではなく宴会や食事の後に供されたようです。

カカオ(チョコレート)の飲料の作り方


チョコレート・ココアのできるまで

チョコレート・ココアの歴史
世界の歴史
日本の歴史
バレンタインデーとチョコレート

カカオ豆のはなし

チョコレート・ココア用語辞典
このページのトップへ
サイトポリシープライバシーポリシー
Copyright (c) chocolate & cocoa association of japan All right reserved.