日本チョコレート・ココア協会
English サイトマップ
チョコレート・ココアの健康パワー基礎講座チョコレート・ココア大辞典規約・統計チョコレート国際栄養シンポジウム協会について
Top > チョコレート・ココア大辞典 > チョコレート・ココアの歴史 > カカオ産業の近代化 > 18世紀のチョコレート
世界の歴史
  • チョコレートの始まり
  • ヨーロッパへ伝わったカカオ
  • カカオ豆栽培のひろがり
  • カカオ産業の近代化
リオタール(チョコレートを運ぶ娘)
お盆に乗った水とチョコレート
1.18世紀のチョコレート
2.チョコレートの4大革命
飲みものから食べものへ

チョコレートは長い間、飲み物として愛されてきましたが、ココアバターが入っているため大変濃厚なものでした。18世紀中ごろまでは飲みにくさを緩和するために、デンプンなどの粉を混ぜて余分な脂肪分を中和するのが普通でした。

しかし、1800年代になるとチョコレートの4大発明といわれるものをはじめとして多くの技術革新が行われ、また、食べるチョコレートが考案されました。これによりチョコレートは大きく発展し、今日のようにお菓子の王様といわれるようになりました。

ミルクチョコレート(飲みもの)の発売

チョコレートにミルクを合わせて栄養豊富な飲みものを思いついたのは、イギリス人のスローン卿(Sir Hans Slone)で、“Sir Hans Slone's Milk Chocolate”として発売しました。17世紀後半のことです。



チョコレート・ココアのできるまで

チョコレート・ココアの歴史
世界の歴史
日本の歴史
バレンタインデーとチョコレート

カカオ豆のはなし

チョコレート・ココア用語辞典
このページのトップへ
サイトポリシープライバシーポリシー
Copyright (c) chocolate & cocoa association of japan All right reserved.