日本チョコレート・ココア協会
English サイトマップ
チョコレート・ココアの健康パワー基礎講座チョコレート・ココア大辞典規約・統計チョコレート国際栄養シンポジウム協会について
Top > チョコレート国際栄養シンポジウム > 第13回(2008年9月19日開催)
第13回(2008年9月19日開催)

■実行委員長 木村修一(昭和女子大学大学院特任教授)
■副委員長 板倉弘重(茨城キリスト教大学教授)
■副委員長 大澤俊彦(名古屋大学大学院教授)

講演者・演題

■佐藤清隆(広島大学大学院生物圏科学研究科生物資源開発学専攻食資源科学講座食品物理学教室教授)
 【チョコレート用油脂の物性と機能に関する研究】
PDF(240KB)


■飯田文子(日本女子大学家政学部食物学科准教授)
 【ビター チョコレートの官能評価と嗜好の背景】
PDF(128KB)


■灘本知憲(滋賀県立大学人間文化学部生活栄養学科教授)
 【ココアによるヒト体表温の冷え改善効果】
PDF(273KB)


■永井克也(大阪大学名誉教授)
 【ミルクチョコレートとビターチョコレートの経口投与が自律神経活動と生理機能に与える影響】
PDF(245KB)


■岡嶋研二(名古屋市立大学大学院医学研究科展開医科学分野教授)
 【カカオポリフェノールの生物学的効果 〜その発現機序と健康維持への応用〜】
PDF(174KB)


■シーザー G フラガ(カリフォルニア大学栄養学分野教授)
 【チョコレートと健康 〜血管生理と更なる保健効果について〜】
PDF(295KB)


●シンポジウムのようす

第1回シンポジウム(1995年9月27日開催)

第2回シンポジウム(1996年9月20日開催)

第3回シンポジウム(1997年9月19日開催)

第4回シンポジウム(1998年9月18日開催)

第5回シンポジウム(1999年9月17日開催)

第6回シンポジウム(2000年9月22日開催)

第7回シンポジウム(2002年5月30日開催)

第8回シンポジウム(2003年9月26日開催)

第9回シンポジウム(2004年9月24日開催)

第10回シンポジウム(2005年9月21日開催)

第11回シンポジウム(2006年9月22日開催)

第12回シンポジウム(2007年9月21日開催)

第13回シンポジウム(2008年9月19日開催)

第14回シンポジウム(2009年9月18日開催)

第15回シンポジウム(2010年9月17日開催)

第16回シンポジウム(2011年9月16日開催)

第17回シンポジウム(2012年9月21日開催)

第18回シンポジウム(2013年9月20日開催)

第19回シンポジウム(2014年9月19日開催)

第20回シンポジウム(2015年9月18日開催)

第21回シンポジウム(2016年9月16日開催)

第22回シンポジウム(2017年9月15日開催)
このページのトップへ
サイトポリシープライバシーポリシー
Copyright (c) chocolate & cocoa association of japan All right reserved.