日本チョコレート・ココア協会
English サイトマップ
チョコレート・ココアの健康パワー基礎講座チョコレート・ココア大辞典規約・統計チョコレート国際栄養シンポジウム協会について
Top > チョコレート国際栄養シンポジウム > 第2回(1996年9月20日開催)
第2回(1996年9月20日開催)

■実行委員長 福場博保(昭和女子大学短期大学学長・お茶の水女子大学名誉教授)
■副委員長 木村修一(昭和女子大学大学院教授・東北大学名誉教授)
■副委員長 菅野道廣(九州大学教授)

講演者・演題

■丸山千寿子(日本女子大学講師)
 【小・中学生のチョコレート摂取(間食)実態調査】
PDF(235KB)

■木村修一(昭和女子大学大学院教授)
 【チョコレート摂取が肥満に及ぼす影響】
PDF(218KB)

■辻 啓介(国立健康・栄養研究所食品栄養評価研究室長)
 【カカオの食物繊維の機能】
PDF(125KB)

■G.H.アンダーソン(トロント大学医学部教授)
 【砂糖の摂取と健康】
PDF(518KB)

■今井 奨(国立予防衛生研究所口腔科学部主任研究官)
 【口腔衛生とチョコレートの評価】
PDF(289KB)

■福島和雄(日本大学松戸歯学部教授)
 【カカオ豆熱水抽出物の抗う蝕作用】
PDF(263KB)

■武田弘志(東京医科大学薬理学教室講師)
 【カカオ豆成分の抗ストレス効果】
PDF(181KB)

■大澤俊彦(名古屋大学大学院教授)
 【チョコレート・ココアに含まれるポリフェノール類の抗酸化作用について】
PDF(212KB)

■近藤和雄(国立健康・栄養研究所臨床栄養部室長)
 【カカオ豆に含まれるポリフェノールの動脈硬化予防】
PDF(159KB)

■坂根 剛(聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター教授)
 【慢性炎症、アレルギー炎症に対するカカオマス抗酸化物質(CMP)の抑制作用】
PDF(368KB)



第1回シンポジウム(1995年9月27日開催)

第2回シンポジウム(1996年9月20日開催)

第3回シンポジウム(1997年9月19日開催)

第4回シンポジウム(1998年9月18日開催)

第5回シンポジウム(1999年9月17日開催)

第6回シンポジウム(2000年9月22日開催)

第7回シンポジウム(2002年5月30日開催)

第8回シンポジウム(2003年9月26日開催)

第9回シンポジウム(2004年9月24日開催)

第10回シンポジウム(2005年9月21日開催)

第11回シンポジウム(2006年9月22日開催)

第12回シンポジウム(2007年9月21日開催)

第13回シンポジウム(2008年9月19日開催)

第14回シンポジウム(2009年9月18日開催)

第15回シンポジウム(2010年9月17日開催)

第16回シンポジウム(2011年9月16日開催)

第17回シンポジウム(2012年9月21日開催)

第18回シンポジウム(2013年9月20日開催)

第19回シンポジウム(2014年9月19日開催)

第20回シンポジウム(2015年9月18日開催)

第21回シンポジウム(2016年9月16日開催)

第22回シンポジウム(2017年9月15日開催)
このページのトップへ
サイトポリシープライバシーポリシー
Copyright (c) chocolate & cocoa association of japan All right reserved.