日本チョコレート・ココア協会
English サイトマップ
チョコレート・ココアの健康パワー基礎講座チョコレート・ココア大辞典規約・統計チョコレート国際栄養シンポジウム協会について
Top > チョコレート国際栄養シンポジウム > 第16回(2011年9月16日開催)
チョコレート国際栄養シンポジウム
定期開催しています“チョコレート・ココア国際栄養シンポジウム”の
内容をご紹介します。
第16回(2011年9月16日開催)

■実行委員長 木村修一(東北大学名誉教授)
■副委員長 板倉弘重(茨城キリスト教大学教授)
■副委員長 大澤俊彦(愛知学院大学部長)

講演者・演題

■井上英史(東京薬科大学生命科学部教授)
 【カカオ由来プロシアニジン画分によるモデル生物 C. elegansの寿命延長】
PDF(741KB)

■青峰正裕(中村学園大学栄養科学部教授)
 【脳内セロトニン放出増加とストレス緩和−カカオ成分の作用−】
PDF(1,272KB)

■間藤卓(埼玉医科大学総合医療センター高度救命救急センター准教授)
 【ココアの抗インフルエンザウィルス効果】
PDF(637KB)

■デビッド・ベントン(英国・スワォンジー大学心理学教授)
 【チョコレートの魅力:それは心理的なものか生理的なものか?】
PDF(1,100KB)


●シンポジウムのようす

第1回シンポジウム(1995年9月27日開催)

第2回シンポジウム(1996年9月20日開催)

第3回シンポジウム(1997年9月19日開催)

第4回シンポジウム(1998年9月18日開催)

第5回シンポジウム(1999年9月17日開催)

第6回シンポジウム(2000年9月22日開催)

第7回シンポジウム(2002年5月30日開催)

第8回シンポジウム(2003年9月26日開催)

第9回シンポジウム(2004年9月24日開催)

第10回シンポジウム(2005年9月21日開催)

第11回シンポジウム(2006年9月22日開催)

第12回シンポジウム(2007年9月21日開催)

第13回シンポジウム(2008年9月19日開催)

第14回シンポジウム(2009年9月18日開催)

第15回シンポジウム(2010年9月17日開催)

第16回シンポジウム(2011年9月16日開催)

第17回シンポジウム(2012年9月21日開催)

第18回シンポジウム(2013年9月20日開催)

第19回シンポジウム(2014年9月19日開催)

第20回シンポジウム(2015年9月18日開催)

第21回シンポジウム(2016年9月16日開催)

第22回シンポジウム(2017年9月15日開催)
このページのトップへ
サイトポリシープライバシーポリシー
Copyright (c) chocolate & cocoa association of japan All right reserved.