日本チョコレート・ココア協会
English サイトマップ
チョコレート・ココアの健康パワー基礎講座チョコレート・ココア大辞典規約・統計チョコレート国際栄養シンポジウム協会について
Top > チョコレート国際栄養シンポジウム > 第6回(2000年9月22日開催)
第6回(2000年9月22日開催)

■実行委員長 福場博保(昭和女子大学短期大学学長・お茶の水女子大学名誉教授)
■副委員長 木村修一(昭和女子大学大学院教授・東北大学名誉教授)
■副委員長 大澤俊彦(名古屋大学大学院教授)

講演者・演題

■間藤 卓(埼玉医科大学総合医療センター高度救命救急センター講師)
 【カカオマスはエンドトキシンによる臓器障害を制御する】
PDF(556KB)

■井口浩一(埼玉医科大学総合医療センター高度救命救急センター助手)
 【カカオマスの創傷治癒促進効果】
PDF(318KB)

■鈴木和春(東京農業大学応用生物科学部栄養科学科教授)
 【カカオハスク抽出物中のMg生体利用について】
PDF(445KB)

■西堀すき江(東海学園女子短期大学教授)
 【カカオマスの血液流動性改善効果】
PDF(282KB)

■中村尚夫(甲子園大学栄養学部長教授)
 【ココア食物繊維の胃環境への影響】
PDF(318KB)

■大嶋 隆(大阪大学大学院歯学研究科小児歯科学教室助教授)
 【カカオハスク抽出物のう蝕抑制作用】
PDF(189KB)

■武田弘志(東京医科大学薬理学教室助教授)
 【カカオマスの抗ストレス効果とその有効成分の探索】
PDF(242KB)

■寺尾純二(徳島大学医学部栄養学科食品学講座教授)
 【カカオマスポリフェノールの吸収と代謝】
PDF(635KB)

■ジョン・H・ワイスバーガー(アメリカ健康財団名誉所長)
  【植物性フェノール化合物の化学予防効果−慢性疾患に対するカカオポリフェノールの効果を含む】
PDF(494KB)
 

第1回シンポジウム(1995年9月27日開催)

第2回シンポジウム(1996年9月20日開催)

第3回シンポジウム(1997年9月19日開催)

第4回シンポジウム(1998年9月18日開催)

第5回シンポジウム(1999年9月17日開催)

第6回シンポジウム(2000年9月22日開催)

第7回シンポジウム(2002年5月30日開催)

第8回シンポジウム(2003年9月26日開催)

第9回シンポジウム(2004年9月24日開催)

第10回シンポジウム(2005年9月21日開催)

第11回シンポジウム(2006年9月22日開催)

第12回シンポジウム(2007年9月21日開催)

第13回シンポジウム(2008年9月19日開催)

第14回シンポジウム(2009年9月18日開催)

第15回シンポジウム(2010年9月17日開催)

第16回シンポジウム(2011年9月16日開催)

第17回シンポジウム(2012年9月21日開催)

第18回シンポジウム(2013年9月20日開催)

第19回シンポジウム(2014年9月19日開催)

第20回シンポジウム(2015年9月18日開催)

第21回シンポジウム(2016年9月16日開催)

第22回シンポジウム(2017年9月15日開催)
このページのトップへ
サイトポリシープライバシーポリシー
Copyright (c) chocolate & cocoa association of japan All right reserved.